広島・丸 セ単独トップ5号V撃 天敵G田口沈める

[ 2018年4月14日 20:30 ]

セ・リーグ   広島3―2巨人 ( 2018年4月14日    東京D )

<巨・広>3回2死一、二塁、田口から右越え5号3ランを放つ広島・丸
Photo By スポニチ

 広島の丸佳浩外野手(29)が3回にセ・リーグ単独トップの5号決勝3ランを放ち、4連敗中だった“天敵”巨人・田口を沈めた。

 2死一、二塁から直球を豪快に右翼席上段へ運ぶ先制3ラン。この日のデーゲームで4号を放ったDeNA・筒香に並ばれたものの、すぐに突き放した5試合ぶりの一発を「いい反応で打てた。走者をしっかりかえすことができて良かった」と喜んだ。

 先発のジョンソンは8回を6安打2失点に抑え、2勝目(1敗)を手にした。

 巨人はゲレーロが14試合目で初本塁打を放ったものの、連勝はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月14日のニュース