“Walk”と言われ…大谷「全く頭になかった」申告敬遠を初体験

[ 2018年4月14日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―1ロイヤルズ ( 2018年4月12日    カンザスシティー )

<ロイヤルズ・エンゼルス>6回2死二塁、申告敬遠で出塁する大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が、1―0の6回2死二塁での第3打席ではメジャー初敬遠された。「全く頭になかった」と驚いたような表情を浮かべ、淡々と一塁ベースに向かった。

 メジャーでは昨季から、日本では今季から導入された申告敬遠も初めてで、「最初は何が起きたか分からなかった。“Walk(四球)、Walk(四球)”と言われて」と苦笑い。7試合、27打席目での初敬遠で、日本選手では04年松井稼頭央(メッツ)がデビュー戦の第5打席で敬遠されたのが最も早い。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月14日のニュース