日本通運・生田目 5回2死まで無安打投球 プロ8球団視察

[ 2018年4月14日 05:30 ]

スポニチ後援JABA社会人野球第61回岡山大会第1日・1次リーグA組   日本通運6―0シティライト岡山 ( 2018年4月13日    倉敷マスカット )

公式戦初先発で7回無失点と好投した日本通運・生田目
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補の日本通運・生田目(なばため)翼投手がシティライト岡山戦で公式戦初先発し7回4安打無失点と好投した。

 流通経大から入社2年目の右腕は8球団のスカウトが見守る中、5回2死まで無安打投球。最速も151キロを計測し「初回は緊張してストライクが取れなかったが、うまく修正できた」と語った。中日の米村明チーフアマスカウトは「制球が良くなったし投球の幅が広がった。どこも(ドラフト)上位候補だろう」と評価した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月14日のニュース