楽天・岸 星野氏追悼試合で快投ささげる「特別な試合」

[ 2018年4月3日 05:30 ]

マウンドの感触を確かめる楽天・岸
Photo By 共同

 楽天・岸が1月に死去した星野仙一前球団副会長に快投をささげる。3日に行われる日本ハムとの本拠地開幕戦ではチーム全員が星野氏が監督時代につけた「77」を背負ってプレーする。先発する右腕は本拠地のマウンドの感触などを確かめ「特別な試合。恥ずかしくない投球をしたい」と意気込んだ。

 16年オフにFA宣言し、西武から楽天に加入した。「星野さんに声を掛けていただかなかったら、地元の球団でやれていたか分からない。まだ恩を返せていない。今年一年頑張って、良い報告ができれば」。移籍1年目の昨季は8勝10敗。本拠地では1勝に終わった。今季は巻き返し、恩に報いるつもりだ。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース