中日 2年連続開幕4連敗、12球団唯一未勝利 一時1点差迫るも完敗

[ 2018年4月3日 21:43 ]

セ・リーグ   中日3―10巨人 ( 2018年4月3日    ナゴヤD )

<中・巨>4回途中4失点で降板となり、ガックリとマウンドを下りる柳(左)
Photo By スポニチ

 中日は、本拠地開幕戦で巨人に競り負けて2年連続の開幕4連敗。この日、日本ハムが今季初勝利を挙げ、12球団唯一の未勝利となった。

 初回に先発の柳が、巨人先頭の陽岱鋼に死球を与えると、無死一、三塁とされ坂本に右前適時打、この後無死満塁からマギーの適時打で2点を先制された。2、3回は無失点で立ち直ったかに見えたが、4回にも死球が絡んで2死満塁から坂本にこの日2本目となる左前2点適時打を浴びて4失点で降板となった。

 打線も巨人先発の山口俊に走者は出すものの5回まで好機を生かせず。ようやく6回に高橋の3点三塁打で1点差に迫ったが、救援陣が大きくリードを広げられた。

 この日はビシエド、アルモンテの外国人勢がマルチ安打し気を吐き、高橋が適時打を放つなど粘りも見せた。4日は新外国人ガルシアが先発、5日に先発予定の松坂へ白星でつなぐことができるか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース