小田和正 星野さんセレモニーにジーン…背番77で始球式「仙ちゃんが喜んでくれると」

[ 2018年4月3日 17:02 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2018年4月3日    楽天生命パーク )

<楽・日>77番のユニホームを着た小田和正が始球式を行う
Photo By スポニチ

 楽天―日本ハム戦(楽天生命パーク宮城)でシンガーソングライターの小田和正(70)が始球式を務めた。右腕を振りノーバウンド投球で拍手を浴びた。

 1月に亡くなった星野仙一前球団副会長とは生前親交があり「投げる前に仙ちゃんのセレモニーがあったからジーンと来てしまって、これから投げると言うことを忘れていました。気を取り直して、お客さんが声援してくれて、それを背中に、ちょっとボールになりましたが、良く投げられたと思います。最初、始球式と言われたときにやはり大役だし、断ろうかとも思ったのですが、やったら仙ちゃんが喜んでくれると思い、引き受けさせていただきました。やって良かったなと思います。僕も(楽天を)応援していますので、もう一度、13年のような優勝を見たいですね。仙ちゃんも応援していると思うので、皆さんも一緒に応援しましょう」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース