栗山監督 大谷の初勝利に感激「目がキラキラしていた」

[ 2018年4月3日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―4アスレチックス ( 2018年4月1日    オークランド )

日本ハムの栗山監督
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷の恩師である日本ハムの栗山監督は「連打を食らってホームランを打たれても目がキラキラしていたし、うれしそうだった。あの舞台でやることを目標にしていたわけだからね」と感想を述べた。

 日本ハムはメジャー挑戦を表明した花巻東3年時にドラフトで1位指名。指揮官は投打の二刀流を提案し、口説いた経緯がある。同じ二刀流でスタートさせたエンゼルスに「安心した。我々は世界一の選手になると信じて送り出したので本当に感謝したい」とうれしそうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース