ソフトB 千賀「前回の投げたあとよりもいい」

[ 2018年4月3日 05:30 ]

外野をランニングする千賀
Photo By スポニチ

 3月30日オリックス戦で開幕投手を務めたソフトバンクの千賀は、軽めのキャッチボールを行った。「前回の投げたあとよりもいいと思う」。

 オープン戦最終登板の23日広島戦で右上腕に張りを訴えながら、開幕戦は第1球から自己最速157キロをマークする力投で7回無失点。自身に白星はつかなくても役割を果たした。自身がオフの今月1日も治療のためヤフオクドームを訪れるなど次回登板へ調整に余念がない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース