中日・柳 プロ最短3回2/3でKO…本拠地開幕飾れず4失点

[ 2018年4月3日 19:38 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2018年4月3日    ナゴヤD )

<中・巨>中日先発の柳
Photo By スポニチ

 本拠地開幕投手を任された中日・柳がプロ最短となる3回2/3を4失点KO。

 立ち上がりから制球が定まらず、先頭・陽岱鋼に四球を与えると、続く吉川尚に中前打を浴び無死一、三塁。坂本に外角スライダーを左前に運ばれ、1死も取れないまま、あっさりと先制点を許してしまった。

 さらに、ゲレーロを四球で歩かせ無死満塁にすると、マギーにも右前適時打と5者連続出塁を許した。6番・岡本を空振り三振に仕留め、続く長野の右飛で三塁走者の坂本が生還を狙ったが、右翼・平田の好返球で本塁タッチアウト。初回は何とか2失点でしのいだものの、4回2死満塁から坂本に2点適時打を浴び、77球でマウンドを降りた。

 「連敗をしているので止められるように頑張ります。チームが勝てる投球をしたい」と意気込んでいたが、先発ではプロ最短降板となってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース