日本ハム、レアードV打で今季初白星 楽天は守護神・松井が崩れた

[ 2018年4月3日 19:35 ]

パ・リーグ   日本ハム2―0楽天 ( 2018年4月3日    楽天生命パーク )

<楽・日>9回無死満塁、レアードが左中間を破る2点適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムが今季初勝利。0―0で迎えた9回無死満塁、レアードが2点二塁打を放った。先発の上沢が7回5安打で楽天打線を零封すると、宮西、石川直が無失点でリレー。宮西が1勝目、石川直はプロ初セーブをマークした。

 楽天は9回から登板した守護神・松井が崩れて失点。本拠地開幕戦を白星で飾ることはできず、3連敗を喫した。

 1月に亡くなった楽天の星野仙一前球団副会長を悼み、梨田監督やコーチ、選手全員が永久欠番となった星野氏の監督時代の背番号「77」をつけて戦った一戦。先発・岸は4回まで無安打に抑える快投を見せ、その後も散発3安打で8回無失点で救援陣にマウンドを託した。9回からは松井がマウンドに上がったが、連打を浴びて無死満塁のピンチを招き、レアードに2点適時打を浴びた。

 打線は8回、嶋の二塁打から1死三塁とするも、島内、茂木が凡退。日本ハム3投手の前に6安打で零封された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース