ヤク青木 TAKURO曲で神宮凱旋「楽しみにしておいて」

[ 2018年4月3日 05:30 ]

休日返上で神宮室内練習場を訪れたヤクルトの青木
Photo By スポニチ

 7年ぶりに古巣に復帰したヤクルト・青木が、TAKUROのオリジナル曲で神宮凱旋を果たす。

 ロックバンド「GLAY」のギタリスト・TAKUROと親交があり、打席の入場曲制作を依頼して完成。歌詞はついていないが、最後に「アオキ!」と名前が呼ばれるメロディーになっており、本拠地開幕となる、3日の広島戦でお披露目。「楽しみにしておいて」と笑った。休養日のこの日は神宮室内練習場で打ち込み、「神宮のファンの前で勝ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月3日のニュース