これぞエース!大阪桐蔭・徳山連続完投 女房役は背番「3」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第11日・準決勝   大阪桐蔭2―1秀岳館 ( 2017年3月30日    甲子園 )

<秀岳館・大阪桐蔭>徳山は勝利の瞬間、ガッツポーズ
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭・徳山が秀岳館の鍛治舎巧監督を脱帽させた。「ああいうのをエースというんでしょう」。7安打1失点で準々決勝に続く完投。決勝行きの切符をもぎ取った。

 1―0の7回、2年生の遊撃手・根尾の失策と安打で1死一、三塁とされた。「2年生のエラーは自分がカバーしたい。エースは背中で見本を見せるもの」。一段と気合を入れ、後続を抑えた。

 強力打線封じの助演は2人いる。背番号「3」の女房役と、ベンチの記録員だ。正捕手の岩本が左手有鉤(ゆうこう)骨骨折で大会直前に選手登録を外れた。代役は一塁手の福井主将。ミットは岩本から借り、マスクをかぶる。「岩本の分まで。ミットは完全になじみました」。抜群の切れを見せる徳山のスライダーを生かすリードが光り、盗塁も2度阻止した。

 岩本は記録員としてベンチ入り。試合前夜はバッテリーミーティングに加わる。各打者の特徴を分析し、深夜までかかって手書きの資料を作成。試合中にも配球の助言を送り、徳山は「岩本がいなければ、ここまで勝てていない」と感謝する。センバツ決勝は現阪神・藤浪と現西武・森のバッテリーで春夏連覇した12年以来。福井は「夏へ最高の形で岩本にバトンを渡したい」と誓った。

 <最多タイや5戦全勝>大阪桐蔭は春夏の甲子園決勝に5度進出して全て優勝。決勝5連勝は広島商と並ぶ最多タイ。センバツでは12年、今回の履正社と同様に「秋春連覇」を狙った光星学院を破り初優勝、春夏連覇につなげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース