岩隈 2回途中4四球降板も理由あった「準備に時間がなく…」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

オープン戦   マリナーズ3―3ドジャース ( 2017年3月29日    ピオリア )

<マリナーズ・ドジャース>2回途中に3安打2失点4四球で降板するマリナーズ・岩隈。右はサービス監督
Photo By 共同

 マリナーズの岩隈がオープン戦の最終登板で1回2/3を3安打2失点だった。

 2回を投げる予定だったが、4四球もあり、52球を投げたところで降板。「準備に時間がなく焦って息が上がったままで、思うところに投げられなかった」と振り返った。それでも、メジャー通算63勝の右腕はシーズンに向けて「例年とそんなに変わりはない。問題はない」ときっぱり。開幕2戦目となる4月4日(日本時間5日)のアストロズ戦に備える。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース