雄星 打者・大谷と真っ向勝負も 後輩の成長認め「直球で押すかも」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2017年3月31日    札幌ドーム )

軽快にアップする菊池
Photo By スポニチ

 2年連続開幕投手を務める西武・菊池は札幌ドームのマウンドで捕手を座らせて23球の投球練習。「西武ドームと同じ(土質)なので非常に投げやすい。良い状態で迎えられる。自信を持って投げられる」とすがすがしい表情だった。

 花巻東の後輩・大谷とは年末に会った際に会話を交わしたという。打者・大谷とは2度目の対決となるが「4年前とレベルが変わっている。本当に凄い打者になったと思う」と警戒した上で、「余裕がある場面だったら直球で押すかもしれない」と自慢の剛速球で真っ向勝負も示唆した。

 昨季は自己最多の12勝をマーク。岸が抜けた今年は絶対的エースとしての活躍が求められる。「監督の期待を上回るようなシーズンにしたい」。心身ともに準備万全で開幕戦に臨む。 (平尾 類)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース