上原 “連投想定”1回無失点「つぶれてもいい」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

オープン戦   カブス15―11アスレチックス ( 2017年3月29日    メサ )

<カブス・アスレチックス>5回に登板し、1回を1安打無失点のカブス・上原
Photo By 共同

 カブスの上原はオープン戦最後の登板で5回に登板。1イニングを投げ、詰まった内野安打を許したのみで1安打無失点に抑えた。

 連投を想定し、前日に投球練習を行ってのマウンド。ジョー・マドン監督はベテラン右腕に「若くはないが、健康さえ維持してくれれば、常に安定した投球を披露してくれる」と信頼を寄せる。上原は「その日を一生懸命やるだけ。つぶれてもいいという気持ちでいつもやっている」と全力で期待に応える覚悟だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース