“空手界の綾瀬はるか”がワンバン始球式 マウンドで生着替えも

[ 2017年3月31日 18:22 ]

<巨・中>始球式前に空手の形を演じる女子日本代表の清水希容
Photo By スポニチ

 “空手界の綾瀬はるか”こと清水希容(23)が31日、プロ野球開幕戦の巨人―中日戦の始球式に登場。マウンド上で空手の形に加え生着替えも披露した。

 道着姿でマウンドへ向かい、華麗な形を見せつけた清水。果たしてボールはどこから出てくるのか?と観客の目を引き付けると、道着を脱ぎ、巨人のユニホーム姿に。チームマスコットのジャビットからグラブとボールを受け取った。

 空手(形)は2020年東京五輪の新種目。「2020」の背番号を背負い投げ込んだ1球は、コースこそど真ん中だったもののワンバウンドに。清水は恥ずかしそうにグラブで顔を覆っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース