ハム有原 3年目初の大役「早く投げたい気持ちが強い」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2017年3月31日    札幌ドーム )

メンドーサ(右)と談笑する有原
Photo By スポニチ

 3年目で初めて開幕マウンドに上がる日本ハム・有原は「緊張感が出てきた。早く投げたい気持ちが強い」と表情を引き締める。

 昨季まで2年連続で大役を務めた大谷は当面は野手に専念するが「それ(大谷の故障)に関係なく、いつか投げたい気持ちはあった」。昨季はチーム最多11勝も唯一の対戦だった8月26日の西武戦(大宮公園)は4回6失点。「いい打者が多いので粘り強く投げたい」と誓った。

 ▼栗山監督 毎年、こうしたい、ああしたい、と思うけど、開幕日は必ず来る。ベストのメンバーで、ファイターズらしく戦いたい。有原は勝たせてあげたいけど、彼の野球人生の中で大きなもの(経験)になってくれたらうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース