センバツ決勝は4月1日に順延 史上初の大阪勢対決

[ 2017年3月31日 09:34 ]

岡田監督(左)と履正社の選手は決勝戦が雨で順延になり引き揚げる
Photo By スポニチ

 甲子園球場で31日に行われる予定だった第89回選抜高校野球大会の決勝、履正社―大阪桐蔭(ともに大阪)は天候不良が予想されるため中止となり、4月1日に順延となった。

 試合開始は午後0時半の予定。大阪勢同士の決勝は史上初で、履正社は春夏通じて初、大阪桐蔭は2012年以来5年ぶり2度目の頂点を目指す。決勝が順延されるのは大阪桐蔭が光星学院(青森、現八戸学院光星)と対戦した12年の第84回大会以来10度目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース