坂本勇 頭脳プレー!5回には今季1号2ランも

[ 2017年3月31日 19:17 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2017年3月31日    東京D )

<巨・中>4回無死一塁、好判断でビシエドを併殺打に打ち取った遊撃手・坂本勇(6)を指さすマイコラス(左は二塁手・中井)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇が頭脳プレーを見せた。

 4点リードで迎えた4回、中日のゲレーロに右前打を打たれ無死一塁とされたが、続くビシエドが遊撃付近へフライを打ち上げた。坂本勇は走者が走っていなかったのを見て取らず、ワンバウンドで捕球して二塁へ送球、さらに一塁もアウトとなり、併殺を完成させた。記録的にはビシエドの打席は併殺打ではなく、遊ゴロとなっている。

 打つ方でも3回には四球を選びマギーのタイムリーで得点を記録すると、2点を追い上げられ4―2で迎えた5回には1死二塁で右中間へ1号2ランを放つ活躍。「追い込まれていたので、コンパクトに強く振ろうと思っていました。いい打ち方ができたと思います」と語った。昨季、中日の大野に対しては17打数6安打と好相性だったが、今季も開幕戦から優位に立った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース