広島 タナキクマルでメッセ攻略だ 今季も1〜3番打線けん引

[ 2017年3月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2017年3月31日    マツダ )

松田オーナー(最前列中央)らとともに護国神社で必勝祈願を行った緒方監督(同左)ら広島ナイン
Photo By スポニチ

 広島は「タナ・キク・マル」が今季も1〜3番で打線を引っ張る。

 1番の田中は「手ごわいが、機動力で崩していきたい」とメッセンジャー攻略を誓った。昨季8打数5安打の好相性を誇った3番の丸は「相手投手が誰とかはない。甘い球をしっかり打ちたい」と自然体を強調。攻守で期待される2番の菊池も「やるしかないんで頑張ります」と意気込んだ。

 ▼緒方監督 昨年逃した日本一を目指す。他球団のマークはきつくなると思うが、その中で自分たちの野球をできるようにしたい。(4位に終わった)一昨年のように前半で借金を多く抱えてしまうと苦しい。開幕からの戦いが大事になる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース