昨季踏まえ…ソフトB和田「一番は1年間投げること」

[ 2017年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2017年3月31日    ヤフオクドーム )

キャッチボールで調整する和田
Photo By スポニチ

 6年ぶり4度目の開幕投手を務めるソフトバンク・和田は「全てやることはやった」と準備万端だ。

 古巣に復帰1年目だった昨季は、15勝5敗で最多勝と勝率第1位の2冠に輝いた。実績は十分な上に軌道を変えた新たなカーブなど武器も増やし「一番は1年間投げること。それをやれた上で昨季の成績を超えられれば最高」とフル回転を誓った。昨季は後半戦に失速。日本ハムに逆転され、3年連続の日本一を逃した工藤監督は「みんなの気持ちは(日本一奪還へ)一つになっている」と結束を強調した。

 ▼工藤監督 やることは全てやり尽くした。秋からやってきた体力づくりやレベルアップが、少しずつ身になってきた。今年は心を一つにして、日本一を奪回する年。全ての人間がその思いを持って一試合一試合、戦っていきます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース