ロッテ、千葉モノレールでラッピング車両「マリーンズ号」運行

[ 2017年3月31日 15:04 ]

ラッピング車両「マリーンズ号」
Photo By 提供写真

 ロッテは31日から、千葉都市モノレールとの相互連携協定第一弾としてラッピング車両「マリーンズ号」の運行を開始しした。

 「マリーンズ号」は、車両の片面にピンストライプのホームユニホームのデザインがプリントされ、もう一方には球団メインキャラクターのマーくんがデザインされたラッピング車両。また車両内面もマリーンズのロゴなどがプリントされており、フルラッピングの列車となっている。

 運行期間は3月31日から。運行列車は1000形車両1編成(140人乗り)。運行路線は千葉みなと〜県庁前、千葉みなと〜千城台の2路線のどちらかを1日15往復ほど予定している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース