どうなる?ソフトB ムネリン獲得交渉中 カブスも再契約交渉中

[ 2017年3月31日 06:35 ]

川崎宗則
Photo By スポニチ

 カブスから契約を解除された川崎宗則内野手(35)について古巣ソフトバンクが獲得に向けた交渉を進めていることが30日、分かった。

 大リーグ関係者によれば川崎は現在もアリゾナ州に滞在中。球団幹部は「昨年のオフから声は掛け続けている。定位置が埋まっているかどうかは関係ない選手」と語り、改めて興味を示した。二塁と遊撃は戦力的に充実しているが、明るい性格はチームリーダーとしても期待が大きい。球団は、背番号52を空けており、近日中に結論が出るとみられる。

 一方、カ軍のセオ・エプスタイン編成本部長も、再契約交渉をしていることを明かし「戻ってきてほしい。アイオワ(カ軍傘下3A)には遊撃手として彼のスポットがある」と明言。ただ「彼がどんな決断を下そうとも、それが最善のもの。とにかく数日は状況を見守りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース