昨季沢村賞の広島・ジョンソン まさかの4回途中7失点KO

[ 2017年3月31日 20:13 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2017年3月31日    マツダ )

<広・神>3回表無死一、二塁、原口に四球を与えてマウンドにしゃがみ込むジョンソン
Photo By スポニチ

 昨季沢村賞を受賞した広島のジョンソンが4回途中7失点KO。安定感抜群のエースがまさかの大炎上となった。

 昨季26試合に登板し、24試合でクオリティー・スタート(QS)を達成した左腕。だがこの日は初回いきなり無死満塁のピンチを招くなど2点を失い、3回に3失点、4回には失策も絡み2失点。2死満塁と走者を残したままマウンドを降りた。

 ジョンソンは昨季15勝7敗、防御率2・13をマーク。1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりの外国人投手として沢村賞を受賞した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月31日のニュース