阪神・糸原 美技でアピール 昼はマツダ→夜はヤフオクDで奮闘

[ 2017年3月23日 08:43 ]

オープン戦   阪神2―3ソフトバンク ( 2017年3月22日    ヤフオクドーム )

<ソ・神>8回1死、上林の観客席に打ち上げた三邪飛を好捕する糸原
Photo By スポニチ

 阪神・糸原は6回の守備からの途中出場で、8回1死からの自身の1打席目では良い当たりの左直。速球を確実にとらえていた。

 三塁を守った守備でも8回1死から上林が放った難しい飛球を三塁フェンス際で捕球。攻守でアピールした。この日はデーゲームのウエスタン・リーグの広島戦(マツダ)にも「9番・二塁」で先発出場。その後、福岡に移動して“親子ゲーム”出場となった。「(飛球は)必死に取りました。必死でした。(打撃の)内容は良かった」と内容には手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース