決勝進出のプエルトリコ 地元は金髪大ブーム

[ 2017年3月23日 07:21 ]

準決勝でオランダを下し、喜ぶプエルトリコナイン(AP)
Photo By AP

 プエルトリコは初優勝に向け、守護神ディアス(マリナーズ)の連投も辞さない構えだ。

 20日準決勝・オランダ戦では10回から登板し、2イニング27球を投げ無失点。今大会は4試合5回1/3を投げ1勝2セーブをマークしている。所属球団も中1日での登板を容認。マ軍のスコット・サービス監督は「彼はWBCで最もいい経験を積んだ選手。幸い準決勝の球数も多くなかった。プエルトリコ代表は必要なら彼を使うと確信している」と語った。

 地元は早くも大盛り上がり。一体感を強めるために選手が金髪に染めたことで、金髪が大ブーム。ヘアカラーが爆発的に売れ、ドラッグストアはほぼ売り切れ状態という。ディアスは「僕らは一つになれた。投げる準備はできている」と自信を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年3月23日のニュース