WBC悲願の初V!メジャーの名将も感無量「米国に尽くした人間の勝利」

[ 2017年3月23日 16:03 ]

WBCでの優勝を決めた米国ナイン(AP)
Photo By AP

 第4回ワールドベースボール・クラシック(WBC)は22日(日本時間23日)に決勝が行われ、米国が8―0でプエルトリコを下し、悲願の初優勝に輝いた。

 野球の母国がついに世界一の座に就いた。準決勝で侍ジャパンとの投手戦を制した米国。1次ラウンドから連勝の続くプエルトリコとの決勝では圧倒的な勝利で頂点にまで上り詰めた。

 「選手たちが素晴らしかった。何と言えばよいのだろう。米国のために自分は監督の機会を与えられ、同様にコーチは指導する機会を、選手はプレーする機会を与えられた。これは母国に尽くした人間の勝利だね」。

 チームを率いたジム・リーランド監督(72)は声を震わせながらそう話した。メジャーリーグの監督として通算1769勝。実績十分の名将が国際大会でも見事な手腕を発揮した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース