プレーに影響あった?侍J 米国戦でリプレー検証計5度

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>3回無死一塁、スタントンの三ゴロで一走・ポージー(右)を封殺したかと思われたが、リプレー検証の末、菊池がベースを踏んでなかったとしてセーフに
Photo By スポニチ

 大リーグの球場で行われる決勝ラウンドでは、メジャーと同じくほぼ全てのプレーにリプレー検証が適用され、この試合だけで計5度あった。

 3回無死一塁で米国・スタントンを三ゴロ併殺に打ち取ったかに見えた場面では、二塁ベースカバーの侍ジャパン・菊池がベースを踏んでいないとして二塁はセーフに覆った。小久保監督は前日の準決勝を見て「ビデオ判定は日本にはなじみがない。際どいプレーに使う印象」と話していた。今大会は監督の「チャレンジ」権利はなく審判団の判断でのみ検証されるが、両指揮官が積極的に審判団にアピールして検証を促す場面が続いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース