巨人 高木元投手の復帰申請提出 NPB、調査委で精査へ

[ 2017年3月23日 17:05 ]

高木京介元投手
Photo By スポニチ

 プロ野球巨人は23日、野球賭博に関与したとして昨年3月に1年間の失格処分を受けた高木京介元投手(27)の復帰申請書と球団の意見書を日本野球機構(NPB)に提出した。調査委員会で精査した後に熊崎勝彦コミッショナーが復帰を認めるかを判断する。

 熊崎コミッショナーはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表とともに米国に遠征していた。NPBの井原敦事務局長はコミッショナーから調査委で精査してほしいとの指示があったとし「その報告を基に判断される」と説明。結果が出るまでには「そんなに時間はかからないと思う」との見通しを示した。

 巨人は復帰が認められれば、育成選手として契約する方針。野球賭博に関与した選手が現役に復帰すれば初めてのケースとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース