侍J山田「今までで一番緊張した」WBCで学んだこと

[ 2017年3月23日 06:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>3回2死一塁、打者・菊池の時、二盗を決める山田
Photo By スポニチ

 主に「1番・DH」として打線を引っ張ってきた侍ジャパン・山田も無安打に終わった。

 初回先頭は死球で出塁。遊ゴロ併殺崩れで一塁に残った3回は二盗、8回無死一塁では投前犠打も決めたが得点には絡めなかった。「今までで一番緊張した。その中で結果を出す難しさ。冷静になり平常心でいることが大切だと学んだ」と大会を通じての収穫も挙げた。二塁守備は菊池に譲ったが「守って二塁から見てみたかったのはある」とも口にした。

 ▼稲葉打撃コーチ(ロアークには)曲がり球は考えずツーシームをしっかり狙おうと話していた。選手には日本で今日経験したツーシームの変化や勢いなどのことを伝えていってほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース