最後まで徹底 侍J 9回小刻み継投策 無失点で切り抜ける

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>9回を終え、ガッツポーズする秋吉
Photo By スポニチ

 9回は小刻みな継投策に出た。侍ジャパン3番手の平野が4番・アレナドを空振り三振に斬ると、左のホスマーに宮西を投入。

 その宮西は中越え二塁打を許してピンチを迎えたが、秋吉が後続2人をきっちり抑えて無失点で切り抜けた。逆転勝ちにはつながらなかったものの、今大会4試合で防御率0・00の宮西は「自信を持って投げた。納得できる登板だった」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース