一人涙…侍J内川 意地の一振りも「一発勝負で負けてしまった」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>8回無死、代打・内川は右前打を放つ
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・内川の意地の一振りも突破口とはならなかった。1点を追う8回先頭で代打起用され、代わったメランソンのカットボールを捉えて右前打とした。

 だが後続がつながらず、4年前の雪辱はならなかった。前回大会は敗れた準決勝で重盗失敗のミスを犯した。過去2大会を知るベテランは、主に代打の切り札としてチームを支えたが「ここまで凄い試合もたくさんあったが、一発勝負で負けてしまった」と悔しさを隠さず。敗戦後のベンチでは一人涙を流し続けた。

 ▼鈴木(初のWBCを終え)負けてしまったけど、こういう試合ができたのは誇り。

 ▼田中(8回に代走で出場)充実した1カ月だった。今度は主力として世界と戦えたら。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース