ロッテドラ1千隼 開幕ローテ微妙 伊東監督「ボール球が多い」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ1―1中日 ( 2017年3月22日    ZOZOマリン )

<ロ・中>5回、2つの四球を出すがなんとか抑えた佐々木はこの表情
Photo By スポニチ

 初めての本拠マウンドで、開幕ローテーション入りを勝ち取ることはできなかった。ロッテのドラフト1位・佐々木は、6回1/3を4安打1失点も「内容が全然良くない」と悩ましげだった。

 思うようにいかない。直球はシュート回転し「体の開きが早いとか下半身が使えていないのもあると思う」と振り返る。制球がバラつき、マウンド上で首をかしげる右腕に、伊東監督も「自信なさそうに投げている。制球は問題ないと思っていたが、ボール球が多い。そこを修正しないと」。最終テストと位置づけられていた先発枠入りにも「(当確は)出せない。結果だけ見れば抑えたが、内容はどうかなと。微妙なところ」とし、決定は持ち越しとなった。既に涌井、石川、唐川、スタンリッジが確定。西野もほぼ手中に収める中、残り1枠を懸けて大嶺祐らとの争いは続く。佐々木は「練習して良くなればいいなと思います」と必死に前を向いた。 (町田 利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース