侍J青木 ただ一人の大リーガー「参加して良かったと思う」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>初回1死二塁、二ゴロに倒れる青木
Photo By スポニチ

 ただ一人の大リーガーとして参戦した侍ジャパン・青木は、自身3度目の世界一はつかめなかった。

 初回1死二塁の先制機では、二ゴロ。1点を追う8回2死二塁ではこの試合2つ目の四球を選んで筒香へつなげたが、得点は呼べなかった。打率は・182にとどまったものの、チーム最年長として要所で円陣を組んだり、経験を伝えたり、精神的支柱となった。「支えようと思っていたけど、支えられていたのは自分だったかもしれない。本当にいいチームだったと思うし、参加して良かったと思う」と最後もすがすがしい表情。小久保監督も「どんな状況であっても参加しますと言ってくれた。その心意気は非常に大きかった」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース