侍J小林 自他ともに認める成長ぶり「凄くいい経験」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>6回無死一塁、打者・イエリチの時、二盗を阻止する小林
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・小林のラッキーボーイぶりは健在だったが、米国の壁は打ち破れなかった。

 3回1死で遊撃と左翼の間に落ちる幸運な安打で出塁。6回は無死一塁からA・ジョーンズの盗塁を自慢の強肩で刺した。正捕手として全7試合で先発マスクをかぶり、打席でも打率・450、6打点。自他ともに認める成長を示した大会となった。「負けは悔しいが、凄くいい経験をさせてもらい、多くの人に感謝したい。満足することなくもっと成長したい」とさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース