西武・栗山 3戦連続マルチ「競争に勝って良い形で開幕を」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

オープン戦   西武4―5ヤクルト ( 2017年3月22日    神宮 )

<ヤ・西>3回2死、栗山が右中間に二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 西武・栗山が3試合連続マルチ安打。2回に右前打、3回は右中間二塁打と鋭い振りで状態の良さをアピールして「打てる球は打っていこうと。オープン戦でも結果を出していきたい」と振り返った。

 この日は金子侑が痛めていた右すねの状態が良くないため球場に現れず。昨季盗塁王が開幕に間に合うか微妙な状態だが、WBCから復帰する秋山に田代、木村文と外野は定位置争いが激しい。「競争に勝って良い形で開幕を迎えられるように集中したい」と表情を引き締めていた。

 ▼西武・辻監督 シュリッターは本人もやばいと思っているだろう。今の安定感からいくと8回。(守護神は)増田の方が打者を知っているし、安定感がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース