ラソーダ氏から野茂氏に始球式ボール 万雷の拍手注がれる

[ 2017年3月23日 05:30 ]

WBC準決勝   日本1―2米国 ( 2017年3月21日    ドジャースタジアム )

<日本・米国>始球式でラソーダ氏(左)からボールを手渡される野茂氏
Photo By スポニチ

 レジェンドの共演にドジャースタジアムが沸いた。米国戦の始球式は両国を代表し、ド軍で活躍した野茂英雄氏と、当時指揮官だったトミー・ラソーダ氏が登場。

 89歳のラソーダ氏が手渡したボールを背番号16の野茂氏が往年のトルネード投法で投げ込んだ。球は高く抜け、捕手役の鈴木がジャンピングキャッチするほどだったが、かつての師弟コンビには万雷の拍手が注がれた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月23日のニュース