岩隈 逆転許し4回途中5失点で降板 マ軍は負ければプレーオフ消滅

[ 2016年10月2日 12:30 ]

ア・リーグ ( 2016年10月1日 )

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・岩隈
Photo By 共同

 マリナーズの岩隈久志投手(35)は1日(日本時間2日)のアスレチックス戦に先発。4回途中9安打5失点と乱れ、今季17勝目を逃した。マリナーズは負ければプレーオフ進出の可能性が消滅する。

 初回、先頭打者に左前打を浴びるなど不安定な立ち上がり。打線が2回に先制点を奪うも、3回に3連打を浴び1点を返されると、たたみかけられてこの回6安打を浴び4失点で逆転を許した。

 4回も2死2塁から中前適時打を放たれて5失点目。監督に交代を告げられ、無念の降板となった。負ければプレーオフ進出の可能性が消滅する正念場の一戦で踏ん張ることができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース