巨人 21年ぶり8度目ファーム日本選手権V 3打点の岡本MVP

[ 2016年10月2日 05:30 ]

<ソ・巨>9回1死、中越えにソロを放った岡本はナインの出迎えに笑顔

ファーム日本選手権 巨人6―2ソフトバンク

(10月1日 サンマリン宮崎)
 ファーム日本選手権は1日、サンマリン宮崎で行われ、イースタン・リーグ覇者の巨人がウエスタン・リーグ覇者のソフトバンクを6―2で破り、21年ぶり8度目の優勝を果たした。最優秀選手には4番としてソロ本塁打を含む2安打3打点を放った巨人の岡本和真内野手(20)が選ばれた。

 4番の岡本が優勝を決定づける一発を放った。5―2の9回にバックスクリーンへ豪快なソロ。2安打3打点で最優秀選手を獲得したが「2軍で力を発揮できなければ1軍でも発揮できない」と満足することはなかった。1年目の昨季は1軍で17試合に出場して1本塁打を含む6安打を放ったが、今季は3試合で1安打。7月のフレッシュオールスターゲームでも3ランを放って最優秀選手を獲得するなど、天性の勝負強さがある高卒2年目の20歳は「1軍で活躍したい」と話した。

 ▼巨人・斎藤2軍監督 今年やってきた戦いができた。やっぱり3、4番が打つと、こういう点数になる。

 ▼ソフトバンク・水上2軍監督(2連覇を逃し)選手はよくやってくれた。巨人はそつのない野球をするチームで、それを上回らなければいけない。まだまだ指導力不足。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月2日のニュース