マー君 今季休養正式決定 残り消化試合で故障リスク回避

[ 2016年10月2日 05:30 ]

キャッチボール中に笑顔を見せるヤンキース・田中

 右前腕部の張りのため、前回登板を回避したヤンキースの田中が、今季の残り試合に登板しないことが正式に決まった。

 前日にプレーオフ進出の可能性が消滅したジョー・ジラルディ監督は「彼はメジャーに来て最も多く先発(31試合)し、最も長いイニング(199回2/3)を投げた。健康だが、プレーオフ進出が消滅し、投げる意味がなくなった」と消化試合での故障リスクを回避するために終了させた。

 3・065でリーグ3位につける防御率のタイトルは他力ながら可能性を残した。0・009差で1位のフルマーは規定投球回到達まであと3イニング必要で、雨で流れた29日のインディアンス戦が消化試合にならなければ3日(日本時間4日)に組み込まれて先発予定。2位(3・064)のサンチェス、4位(3・10)のバーランダーはいずれも2日(同3日)に先発する。タイトル争いは最終戦まで目が離せない。(ニューヨーク
 ・東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース