桜美林大・佐々木千 9K完投もサヨナラ負け「情けない投球」

[ 2016年10月2日 05:30 ]

首都大学野球 桜美林大3―4帝京大

(10月1日 バッティングパレス相石ひらつか)
 今秋ドラフト1位候補の153キロ右腕、桜美林大・佐々木千が完投もサヨナラ負けを喫した。

 4球団が視察する中、最速148キロをマーク。しかし延長10回に安打と四球で走者をため、真ん中に入った直球を右前へはじき返された。9回2/3、8安打9奪三振の内容に「疲れとかはない。情けない投球をしてしまった」と肩を落とした。それでもロッテ永野吉成チーフスカウトは「低めに集められる力は持っている」と評価は不変だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース