ムネリン 代打で登場も最後の打者に… カブスはレスターが崩れ敗戦

[ 2016年10月2日 10:07 ]

空振り三振に倒れたカブスの川崎

ア・リーグ カブス4―7レッズ

(10月2日 シンシナティ)
 カブスの川崎宗則内野手(35)は1日(日本時間2日)、敵地シンシナティで行われたレッズ戦の9回に代打で出場。空振り三振に倒れて最後の打者となった。

 3点差の9回2死で代打として登場した川崎。3球続けてファールを打った後、3球連続でボールを選びフルカウントに持ち込んだ。

 しかし、最後は真ん中付近に来た7球目を空振り。川崎の空振り三振でゲームセットとなった。

 チームは序盤の失点が響いて4―7で敗戦。今季リーグトップタイの19勝を挙げているエースのレスターが、6回5失点と崩れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース