わずか1球…松井稼VS松坂は左足へ死球

[ 2016年10月2日 16:27 ]

パ・リーグ ( 2016年10月2日    コボスタ宮城 )

試合前に楽天の松井稼(右)と話すソフトバンク松坂
Photo By スポニチ

 楽天・松井稼とソフトバンク・松坂の夢の対決はわずか1球で幕を閉じた。

 8回からマウンドに上がった松坂は嶋に四球、島内に死球を与え無死一、二塁。ここで藤田に代わり代打・松井稼が登場。

 球場全体が沸く中、注目の初球、140キロ直球をひっかけてしまい、松井稼の左足に直撃。松坂は帽子を取り、頭を下げた。2連続死球で無死満塁とピンチを広げる形となった。

 試合前、梨田監督は「ファンも望んでいると思う」と松井稼と松坂の「元西武対決」を明言していたが、思わぬ形で終わってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース