ヤクルト 新垣ら9選手に戦力外通告 松井と中元は引退へ

[ 2016年10月2日 05:30 ]

ヤクルトの新垣

プロ野球第1次戦力外通告

(10月1日)
 ヤクルトは36歳のベテラン・新垣ら9選手が通告を受けた。

 「松坂世代」の新垣は02年ドラフト自由枠でダイエーに入団。14年7月にヤクルトにトレードで移籍した。今季は6試合の登板で1勝に終わったが、自身は現役続行を希望している。松井、中元の2人は現役引退の意向。09年ドラフト5位で入団した松井は、プロでの思い出に「田中投手から本塁打を打ったこと」と、12年6月13日の楽天戦(Kスタ宮城)でエース・田中(現ヤンキース)から放った一発を挙げた。
【引退・戦力外選手】

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース