巨人 矢貫、阿南ら16選手と来季契約を結ばず 4外国人選手も退団へ

[ 2016年10月2日 15:40 ]

巨人の矢貫俊之投手

 巨人は2日、計16選手に対して来季の契約を結ばないことを通告した。

 対象になった選手は支配下の矢貫俊之投手(32)、ウーゴ投手(27)、阿南徹投手(32)。育成の田原啓吾投手(22)、高橋慎之介投手(22)、田中太一投手(23)、芳川庸捕手(23)、小林大誠捕手(22)、長江翔太外野手(24)、北之園隆生外野手(21)。

 支配下の土田瑞起投手(26)、育成の成瀬功亮投手(24)、田中大輝投手(24)、坂口真規内野手(26)、高橋洸外野手(23)、青山誠外野手(24)の6選手も戦力外通告をされたが、今後育成として契約する可能性があるとみられる。

 また、カブリエル・ガルシア投手(27)、エクトル・メンドーサ投手(22)、カルロス・ペレス投手(24)、アブナー・アブレイユ外野手(26)の4人の外国時下選手も退団の方向。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース