兵庫ディオーネ 大勝で後期V王手  初回一気7点猛攻

[ 2016年10月2日 05:30 ]

<京都フローラ・兵庫ディオーネ>兵庫ディオーネの川口

日本女子プロ野球 兵庫ディオーネ9―1京都フローラ

(10月1日 伏見桃山)
 ヴィクトリアシリーズは、兵庫ディオーネが初回に一挙7得点を奪う猛攻を見せ、京都フローラに9―1で大勝。後期優勝に王手をかけた。

 京都・小西美の制球難につけこみ、連続押し出し四球でまず2点。その後も川口、厚ケ瀬に適時打が飛び出し勝負を決めた。川口は「自分のスイングをしようと打席に立ったことが、ヒットにつながった。目の前の試合に集中して、優勝したい」と気合十分。兵庫・泉は5回1失点で4勝目をマークするとともに、通算100奪三振を達成した。

 ▽第16戦 (伏見桃山)
兵庫ディオーネ
 710 100 0─9
 001 000 0─1
京都フローラ
 (兵)泉、村田―寺部
 (京)小西美、植村、塩谷―中村、秋山

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月2日のニュース