岸が発熱で回避 光成緊急先発も5回3失点

[ 2016年9月7日 05:30 ]

<楽・西>5回2死、茂木に同点の右越えソロ本塁打を打たれた高橋光はうつむきながらベンチに戻る

パ・リーグ 西武4-7楽天

(9月6日 コボスタ宮城)
 先発として予告されていた西武の岸が発熱で登板回避し、中継ぎに配置転換されていた高橋光が先発し、5回3安打3失点。3―3の7回に坂田が勝ち越し適時打を放ったが、直後に救援陣が4点を失って逆転負けを喫した。

 「リードしていたから勝ちたかったけど、初っぱなからアクシデントもあったからね」と田辺監督。岸については体調の回復具合をみて、次回登板日を決める。潮崎ヘッド兼投手コーチは「登板を1回飛ばす形になると思う」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月7日のニュース