梨田監督700勝 チルドレンが躍動!ドラ3茂木3安打

[ 2016年9月7日 05:30 ]

<楽・西>監督通算700勝を達成し、花束を手に笑顔を見せる梨田監督

パ・リーグ 楽天7-4西武

(9月6日 コボスタ宮城)
 本人にもサプライズだった。試合後に行われた異例のマイクパフォーマンス。監督通算700勝を達成した楽天・梨田監督は、スタンドを見渡して素直な心境を語った。「どうもありがとうございます。監督として(近鉄、日本ハムと)3球団目、楽天が最後だと思ってます。何とか3位に入れるように一試合一試合を戦っていきます」

 常に先手を取られる苦戦。1点を追う7回に中川の逆転2点打などで4点を奪った。最後は松井裕が一発同点のピンチを招いたが無失点。嶋から記念球をもらった指揮官は「500勝の球だけ江尻(慎太郎、当時日本ハム)が客席に投げた。その1週間後にトレードになった」と笑った。

 数日前から風邪で体調を崩し、前日は点滴治療。この日も万全ではない中で練習から選手との対話を欠かさない普段の姿があった。我慢強く起用を続けるドラフト3位の茂木が4号ソロを含む3安打。新人王を争う「梨田チルドレン」は「監督の節目の試合で結果を残せてうれしい」と胸を張った。

 「数字的には厳しいが3位を目指したい」と梨田監督。誰もCS進出を諦めてはいない。(山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月7日のニュース