由規4回途中5失点KO 川端復帰も実らず

[ 2016年9月7日 05:30 ]

<D・ヤ>4回途中降板のヤクルト先発・由規

セ・リーグ ヤクルト1-6DeNA

(9月6日 横浜)
 ヤクルトは9回に山田の一発で零敗を逃れるのが精いっぱいだった。先発の由規が3回1/3で5失点と早々に降板。真中監督は「立ち上がりから制球が定まっていない感じ。球の走りも良くないように見えた」と渋い表情だった。

 右足舟状骨骨折で戦線離脱していた川端は50日ぶりに「5番・一塁」で先発復帰も初回2死一、二塁で左飛に倒れるなど4打数無安打。「内容が全部悪かった。練習をして体の感覚を戻さないと」と反省を口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月7日のニュース