山田 残り15試合60打数8安打でも3割キープ

[ 2016年9月7日 08:19 ]

<D・ヤ>初回2死一塁、バレンティンの時一走・山田は二盗を決める。野手・石川

セ・リーグ ヤクルト1-6DeNA

(9月6日 横浜)
 山田(ヤ)が今季30盗塁。現在打率・325、34本塁打を記録しており、昨年に続く2年連続2度目のトリプルスリーの条件を満たした。

 ヤクルトは残り15試合。仮に1試合4打数と計算し、山田が今後60打数8安打、打率・133と下げても最終・301で3割をキープできる。過去にトリプルスリーを2度マークした選手はおらず、史上初の快挙が濃厚になった。なお、この日確定した「30本塁打、30盗塁」はプロ野球16度目。うち1人で2度以上は80、83年簑田(阪急)、87、89、90年秋山(西)に次ぎ3人目。セでは山田が初めてだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月7日のニュース